HOME>トピックス>外壁は意外と忘れやすいリフォーム場所になっている

目次

遅くても10年を目安に

一軒家

東京で行う外壁塗装は新築購入後どれくらい経った時が良いのでしょう。外壁塗装業者のホームページなどを確認すると、10年を目安と言う所が多くなっていますが、場所と状況によってはもっと短い期間で塗装が必要になるかも知れないと知っておくべきです。と言うのも最近の異常気象で起こる雨の量や風の強さ、更には高温多湿と言った悪条件が重なっていることが、塗装を早める要因にもなっているからです。そのため10年より早く前から、住宅周囲への配慮が必要になります。壁の色が妙にくすんで来たりした時には、業者へ相談することも良い方法です。壁の具合を見てもらうだけでは費用もかかりませんので、積極的に診断をしてもらいましょう。

リフォームでも何が大事か検討すべし

一軒家

東京で新築住宅を建てた時には、外壁とか屋根には十分な塗装が施されていますが、材質によっては8年も耐えることが出来ない材質を使っていることがあり、当初から確認しておく必要があります。特にアクリル塗料は耐久年数が短く6年から7年が限度とも言われます。ウレタン塗料の場合でも10年ほどで塗料としての役割を終えてしまうことになるので、注意がいります。壁材にヒビ割れが起きてしまってから再塗装を行うより、ヒビ割れが発生する前に再塗装を行うことの方が建物を守ることが可能になります。早めの対策が長持ちさせることになります。リフォームなどは建物内部を充実させたいと考えることが多いと言われますが、住宅を守るのは外壁塗装や屋根と言うことを忘れてはいけません。

広告募集中